まいくらにっき > お役立ち情報 > ネタ・小ネタ系

【マイクラ】青くなったじゃがいもアップデート【エイプリルフール2024】

2024/04/06
青くなったじゃがいもアップデート_1

青くなったじゃがいもには使い道がなく、これっぽっちも価値がありませんでした。
このアップデートがリリースされるまでは。

スポンサーリンク
日本時間の4月1日19時頃、スナップショット14w24potatoがリリースされました。
大体の方は察しているとは思いますが、このスナップショットがマインクラフトの2024年のエイプリルフールネタです。
今年も去年と同様にかなり大規模なエイプリルフールアップデートとなっています。

青くなったじゃがいもアップデート_1

起動後、いつものようにタイトル画面に推移しますが、この時点でツッコミどころが多々あります。
このアップデートの名前はどうやら『青くなったじゃがいもアップデート』のようですね。
一旦タイトル画面のことは忘れて、ひとまず新規ワールドを作成しましょう。

青くなったじゃがいもアップデート_2

ワールドを作成するとボーナスチェストがデフォルトで作成されています。
開くと青くなったじゃがいもが大量に入っており、『青くなったじゃがいもアップデート』の熱烈な歓迎を受けられます。

青くなったじゃがいもアップデート_3

このバージョンで作成されたワールドには、あちらこちらに画像のような台座が生成されています。
『青くなったじゃがいもアップデート』を120%楽しむためには、まずこの台座を探す必要があります。

ポテトアイ_レシピ

台座はこちらのポテトアイを使用することで簡単に見つけることができます。
使い方はエンダーアイと同じです。
ポテトアイが飛んで行った方向に台座があるはずです。

青くなったじゃがいもアップデート_4

台座に対して青くなったじゃがいもを使用することで、じゃがいもの概念みたいなものがボウっと浮かび上がってきます。
じゃがいもの概念と一体化することで、プレイヤーは自らの身体を別次元へと転移させることができます。

スポンサーリンク
青くなったじゃがいもアップデート_5

転移先は……ジャガイモです。
見た目の感想とかではなく、「ジャガイモ」がこの世界の名前です。
「ネザー」とか「ジ・エンド」とかと同じ括りです。

青くなったじゃがいもアップデート_6

ジャガイモにはそこかしこにじゃがいモブがスポーンしています。
毒特な見た目をしていますね。

青くなったじゃがいもアップデート_7

ジャガイモにも村のようなものがありました。
村には村人……もとい「じゃがびと」たちが住んでいます。

青くなったじゃがいもアップデート_8

じゃがびとたちはしきりに青くなったじゃがいもを取引してこようとします。
この世界では青くなったじゃがいもが通常世界におけるエメラルドのような通貨の役割を果たしているのでしょうか。

青くなったじゃがいもアップデート_9

とか一瞬考えたのですがそんなことはなく、こちらの世界ではコハク(Amber Jem)が通貨の役割を果たしているようです。
青くなったじゃがいもはこの世界ではどういう立ち位置なのでしょうか。

とまあこんな感じで青くなったじゃがいもに関するアイテムやブロックなどがざっと150種類ほど追加されています。
下手な大型アップデートよりも大量の新要素が追加されています。
全てを紹介するのは流石に骨が折れるので、いくつか気になったものだけピックアップしてみました。

青くなったじゃがいもアップデート_10

こちらのブロックは凶暴なじゃがいも(Vicious Potato)です。
ジャガイモのあちらこちらに生成されています。
範囲内にいるプレイヤーやモブをランダムで選択して、緑のキラキラを飛ばして遠距離攻撃を行います。

青くなったじゃがいもアップデート_11

このブロック単体だとあまり攻撃してくれないのですが、レッドストーン信号を送ってあげることで、信号を受け取るたびに攻撃を行うようになります。
クロック回路で信号を送ると、まるで機関銃のように攻撃してくれます。
勝手にその辺のモブを攻撃してくれるので、自動化装置や敵対モブの迎撃などに使える便利なブロックです(プレイヤーも狙われるので、そこだけは注意しましょう)。

青くなったじゃがいもアップデート_12

続いてはこちらのアイテム、アチアチじゃがいも(Hot Potato)です。
青くなったじゃがいもを溶岩に投げ込むか、ベイクドポテトと溶岩入りのバケツをクラフト素材とすることで作成できます。

青くなったじゃがいもアップデート_13

このアイテムをインベントリに入れると、アチアチすぎてプレイヤーがダメージを受けてしまいます。
Hot Potateには「厄介な問題」「手に余るもの」などの意味もあるので、それも含めたジョークアイテムになっているのですね。

スポンサーリンク
青くなったじゃがいもアップデート_14

お次はこちらのブロック、パワフルじゃがいも(Powerful Potato)です。
名前の通りとてもパワフルで、設置した場所から下方向にグングンと根を伸ばしていきます。

青くなったじゃがいもアップデート_15

パワフルじゃがいもの根が当たったブロックは破壊され、大元となるパワフルじゃがいもからアイテムの状態で排出されます。
使い勝手はやや悪いですが、ブロックを破壊して自動で採集してくれるブロックとなっています。

青くなったじゃがいもアップデート_16

続いてはこちら、Floatatoブロックです。
ジャガイモの空中に雲のように生成されています。

青くなったじゃがいもアップデート_17

マイクラ世界においてブロックを設置する場合、普通は既に設置されているブロックに対してくっつける形で設置しますよね。
こちらのFloatatoブロックは何もない場所に設置できます。
空中に向かって右クリックすることで、大体2~3ブロック離れた場所に設置できるのです。
建築の際にめちゃくちゃ便利ですよね。

青くなったじゃがいもアップデート_18

最後に紹介するのはこちらのブロック、Floataterブロックです。
今回追加されたアイテムやブロックの中で一番衝撃を受けたのがこのブロックでした。


Floataterブロックにレッドストーン信号を送るとゆっくりと動くのですが、その際ほかのブロックもまとめて動かすことができるのです。
32×32×32ブロックまでを1グループとして動かすことが可能で、動いていないブロックに当たると止まります。
動画では何故か木を動かしていますが、32×32×32ブロックまでの大きさであれば、自分で建築した如何なるブロック群をも動かすことが可能です。

本_アイコン【マイクラ】投票により全てが決まる世界。頭が大きくなったり、水分ゲージが追加されたり、月に行ったりとやりたい放題。【エイプリルフール2023】
去年のエイプリルフールアップデートも凄かったですが、今年も負けず劣らずのボリュームかつぶっ飛び具合でしたね。
正式なアップデートとはまた別の魅力的な新要素がたくさんなので、皆さんもぜひプレイしてみてください!



情報元:
https://minecraft.wiki/w/Java_Edition_24w14potato


スポンサーリンク
関連記事

コメント  6件

2024/04/06 20:10 
じゃがい(形容詞)
2024/04/06 22:36 
Floataterブロックはちょっと実装して欲しいね
あったら便利過ぎる気もするけど
2024/04/07 03:03 
Floataterは夢が広がるなぁ
去年のエイプリルフールアプデみたいに逆輸入しないかな
2024/04/08 07:33 
今回に限った話でもないけどエイプリルフールという名のαテストになってるような気がせんでもない
Goji 2024/04/09 10:53 
ヤバすぎるうう
新たなる情報ありがとうございます。
2024/04/14 11:21 
これマジで公式とは思えぬぶっ飛びぶりだなww
非公開コメント