blog-title-test2.png
まいくらにっき > お役立ち情報 > 削除された要素の紹介

【マイクラ】削除された要素の紹介 「実績(Achievements)」編

2022/08/14
削除された要素の紹介_実績編_1

スナップショット(アップデート前のテストリリース)やアップデートにて一度は実装されたものの、その後のスナップショットやアップデートの際に削除あるいは変更されてしまったアイテムやモブなどに思いを馳せる記事。

第4回は「実績(Achievements)」です。


スポンサーリンク
削除された要素の紹介_実績編_1
懐かしい画面ですね。

「実績(Achievements)」が初めて実装されたのは、マインクラフトがまだベータ版だった頃のバージョン 1.5でした。
プログラム上ではベータ版バージョン 1.4の時点で既に実装されていたようですが、不具合によりうまく機能していなかったようです。

マインクラフトにおける「実績」は、大まかに言うと他のゲームの実績と変わりありませんでした。
段階的な目標や特殊なチャレンジ要素が盛り込まれており、それらの条件を達成することで実績を解除(獲得)できます。

実装された当初、実績は16個のみでした。
「インベントリ画面を開く」や「原木を手に入れる」等の、マインクラフトをプレイする上で基本となる操作から、「トロッコで直線距離を1km移動する」というような、通常のプレイではなかなか達成し得ない内容までありました。

Interview: Markus Persson On Bringing Achievements to Minecraft

Gamasutra talks to Markus 'Notch' Persson about the future of hit 1.4 million unit-selling online indie title Minecraft, as he explains why achievements

「実績」を追加する運びとなった時、ノッチ氏はインタビューに対して、
『(実績は)達成しなければならないものではなく、チャレンジしてみたいと思えるようなものにしたいです。プレイヤーが必要だと感じた時にだけ、彼らの助けになるようなものにしたい。』と語っており、タンブラー上においても、『実績は「10000本の木を切り倒す」のような単純で面倒な作業ではなく、「豚に乗って崖の上から落ちる」のようなチャレンジ要素です。』と記しています。
この考え方はのちのち追加される実績にもきちんと反映されています。

削除された要素の紹介_実績編_2
これがなかなか難しいです。

ベータ版バージョン 1.8にて、初の追加実績である「スナイパー対決(Sniper Duel)」の実績が追加されました。
50ブロック離れた場所からスケルトン、ウィザースケルトン、ストレイに矢を当てると解除されます。
以降もいくつかの実績が追加されますが、その中から個馬的に印象に残っている実績をピックアップして紹介していきます。

スポンサーリンク
削除された要素の紹介_実績編_3
この時点でもう解除できません。

バージョン 1.7.2にて、「冒険の時間(Adventuring Time)」という実績が追加されました。
その内容としては「36種類のバイオーム全てに足を運ぶ」というものでしたが、追加当初はこの36種類以外のバイオームに足を運んだ時点で達成できなくなるという謎の判定があり、またこの実績解除の前提条件として36種類のバイオームに含まれていない「ジ・エンドに行く」という実績があったため、正規の手段では絶対に解除することができない幻の実績となっていました。

この不具合は次のメジャーアップデートであるバージョン 1.8にて修正され、途中で36種類以外のバイオームに足を運んでも解除できるようになりました。

削除された要素の紹介_実績編_4
全実績の解除を目指すプレイヤーにとって、(場合によっては)最大の難所となりました。

同様に、バージョン 1.7.2のスナップショットにて、「ダイヤモンドをあなたに!(Diamonds to you!)」という実績が追加されました。
「Qキーで投げたダイヤモンドを他のプレイヤーが拾う」ことで解除できる実績なのですが、この文面からお察しの通り、シングルプレイでは達成できない実績でした。
当時の私はぼっちでマルチプレイをする相手なんて居ませんでしたから、様々な手段を講じて、この実績をなんとか1人で解除できないか模索していました。

こういう時だけ仕様通りにしっかりと追加してくるのがモージャンスタイル。
で、当時の私は最終的にどうしたかと言うと

削除された要素の紹介_実績編_5
アカウントを2つ持ったものが最後には勝つ。

サブアカウントを利用して自演マルチを行い、無事に実績を解除していました。

この「ダイヤモンドをあなたに!」の実績ですが、この後リリースされたスナップショット 13w39bにおいて、アイテムを手に持つタイプのゾンビに投げても解除できるように変更されました。
よかったよかった。

後から追加されたものも含めて最終的には34個となった実績ですが、バージョン 1.12.2において、現在の「進捗(Advancement)」システムに移行するとともに削除されてしまいます。
移行の理由についてはっきりとした発言は見つけられませんでしたが、元々の実績システムのプログラムに難があったと読み取れるツイートは見つかりました。

「(進捗は)外部データからレイアウトや位置を変更できる、ハードコードされていないプログラムです」

元々の実績システムは外部からカスタマイズするなんて毛頭考えていなかったのでしょう。
アイコンの位置やレイアウトをプログラムに直接書き込むように作っていて、自由度の低いデザインになっていたようです。
実績のプログラムを書き換えるのではなく、0からでも作り直した方が早いと考えたのでしょうね。

スポンサーリンク
削除された要素の紹介_実績編_6
進捗どうですか。

そうして生まれたのが現在の「進捗(Advancement)」です。
名称こそ変わりましたが内容は実績そのままで、しかし自由度やカスタマイズ性が高くなっています。

実績は、その前提となる実績を解除しないと条件を満たしても解除できなかったのですが、進捗はどの進捗からでも条件さえ満たせば解除できます。
また、一部ではありますが解除時に報酬が貰えたり、実績では成し得なかった外部データ(jsonファイル)を利用してのカスタマイズも可能です。
そういう意味では「実績」は削除されたわけではなく、「進捗」へと正当に進化したと言えるのかもしれませんね。


この記事は元々まいんくらふとにっきにて掲載していたものを再編集して投稿したものとなります。
この記事で取り上げた「実績」のように、一度は実装されたものの、その後のアップデートで削除あるいは変更されてしまった要素を探しています。このアイテムが削除された経緯を知りたい、あのブロックってどうなったの?という疑問があれば、是非ともコメント欄にお願いします!



情報元:
https://minecraft.gamepedia.com/Achievement/Java_Edition


スポンサーリンク
関連記事

コメント  1件

2022/08/16 18:15 
ウィザーの実績の「はじまり?」「はじまり。」が無くなってしまったのが悲しい……。今は召喚したら「荒が丘」があるけど、倒しても何も無いもんなぁ。エンドラと対極的な感じで好きだったんだが。
非公開コメント